秋の贈り物

2017年9月16日

← 夏の贈り物へ       冬の贈り物へ →


敬老の日】 9月の第3月曜日

兵庫県多可郡野間谷村
(後の八千代町を経て現在の多可町八千代区)の
門脇政夫村長(のち兵庫県議会議員)と
山本明助役が1947年(昭和22年)に提唱した
「としよりの日」が始まりである。

「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と
農閑期に当り気候も良い9月中旬の15日を
「としよりの日」と定め
従来から敬老会を開いていた。

これが1950年(昭和25年)からは兵庫県全体で行われるようになり
後に全国に広がった。

その後「としより」という表現は良くないということで
1964年(昭和39年)に「老人の日」と改称され
翌年に野間谷村からの政府への繰り返しの働きかけもあり
国民の祝日「敬老の日」に制定された
(「こどもの日」「成人の日」があるのに敬老の日がないのはおかしいと声を上げ続けたという)。

このため
「母の日」のように日本国外から輸入されたような記念日と違い
日本以外の国にはない。

ただし
五節句のひとつである9月9日の重陽と主旨が類似している。

「聖徳太子が四天王寺に悲田院を建立した日」や
「欽明天皇が養老の滝に御幸した日」
である等の俗説もあるが
どちらも確かではない。








孫の日】 10月の第3日曜日

孫の日は、1999年に制定された記念日です。

日本百貨店協会が
消費促進のために提唱した記念日ですが
孫の日は孫にプレゼントを贈ります。

敬老の日にもらったプレゼントのお返しに
孫の日を設けたそうです。

こうなると
「お返ししなくては」と
義務のようになってしまいがちですが
あまり気負いせずに
「孫に何かしてやりたい、じゃあ孫の日に」
という気持ちで考えておいたほうがよさそうです。

プレゼントはいくつもらっても嬉しいですし
子どもたちも誕生日やクリスマス、お正月以外に
プレゼントを貰える日が増えて嬉しいに違いありません。

プレゼントの他にも
孫の日にはイベントや
孫の日川柳コンテストなども開催され
徐々に知名度を上げているようです。

孫の日をきっかけに
何かイベントに参加したり
おもちゃで一緒に遊ぶなど

コミュニケーションを取るいい機会にもなりそうです。








ハロウィン】 10月31日

ハロウィン
あるいはハロウィーン
(英: Halloween または Hallowe’en)とは
毎年10月31日に行われる
古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。

もともとは秋の収穫を祝い
悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが
現代では特にアメリカで民間行事として定着し
祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。

カボチャの中身をくりぬいて
「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり
子どもたちが魔女やお化けに仮装して
近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

日本では
アメリカやヨーロッパのような風習は無いが
ここ数年キャンペーンやイベントに取り入れる企業なども出てきて
行事として定着し始めた。






← 夏の贈り物へ       冬の贈り物へ →









2017年9月16日

Posted by 贈り物専科